松川町でサッカー清流苑カップ開催

スポーツ

[ 2018年 2月 6日 火曜日 16時23分 ]

002matsukawa

 松川町少年少女サッカークラブ主催のサッカー大会「第1回清流苑カップ」が3、4日、町温泉宿泊施設「清流苑」の屋内スポーツ施設であった。子どもたちはゴールを目指して人工芝の上を楽しそうに駆けた。

 グラウンド状況が悪く大会がほとんどないというこの時期に、試合感覚を養ってもらおうと初めて企画。小学3年以下を対象とし、飯田下伊那を中心に10チームが参加した。

 試合は5人制で初日に予選リーグ、2日目に決勝トーナメントを行った。

 一気にドリブルで駆け上がったり、パスをつないでゴールネットをゆらしたりと2日とも熱戦が繰り広げられた。周囲の保護者も声援で後押しし、好守には拍手を送っていた。

 喬木アレグリFC(喬木村)の指導者からは「この時期に伸び伸びとプレーできるのは大変ありがたい」の声。松川少年少女サッカークラブの佐々木亨代表は「熱のこもった試合が多く見られた。参加対象を広げることも視野に、来年度以降も開催できれば」と話していた。

 清流苑の屋内スポーツ施設は清流苑がオープンした翌年の1993(平成5)年に開設された。広さは約1000平方メートル。土で汚れるため、環境向上や利用者増などを狙って2014年に人工芝に変わった。

  

関連の注目記事

powered by weblio