松川町でハーフマラソン 1500人が健脚を競う 町制施行60周年を記念

スポーツ

[ 2016年 9月 13日 火曜日 16時33分 ]

ハーフマラソンのスタート風景

 中央、南アルプスの間を流れる天竜川を挟んで高低差250メートルの段丘を走る伊那谷屈指のアップダウンコースで健脚を競う松川町の第2回「南信州まつかわハーフマラソン大会」(町主催、実行委員会主管、南信州新聞社など共催)が11日、同町一帯で開かれた。ハーフマラソン(高校生以上)、5キロ(中学生以上)、3キロの3種目の男女別、年齢別の計25部門に昨年より約300人多い約1500人が県内外から参加した。

 

 絶好のマラソン日和のなか、午前8時から松川中央小学校グラウンドで行われた開会式で、関博文実行委員長が開会宣言。続いて、大会長の深津徹町長が「昨年は果樹栽培100周年、ことしは町制施行60周年を記念し開催を昨年よりひと月早めた。多くの関係機関や団体のボランティアの皆さんの協力で大きな大会ができることを感謝する。遠くは鹿児島、長崎、福島などから参加した。『また来てね』『また来るよ』という気持ちを大切にしていきたい」とあいさつした。

 

 ハーフマラソンのスタートは松川中学校横の町道で行われ、1000人余の選手が号砲を合図に一斉に飛び出していった。中川村から応援に来たという男性(81)は「1000人が飛び出すところを見たかった。あっという間だった」と話した。

 

 開閉会式の会場となった同小グラウンドでは、松川中学校吹奏楽班の演奏、果物や加工品などの特産品の販売も行われ、大会を盛り上げた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号