松本山雅が喬木の園児とサッカー教室

スポーツ

[ 2017年 7月 12日 水曜日 16時18分 ]

001

 J2松本山雅FCは11日、喬木村小川の喬木中央保育園で巡回サッカー教室を開いた。同チームのコーチ2人が、同園と喬木南保育園の年長園児、合わせて26人と交流。ボールを使った鬼ごっこや試合で盛り上がった。

 

 同チームは2005年から、サッカーを通じて地域の子どもたちにスポーツの楽しさを伝える活動として、県内の保育園・幼稚園で巡回教室を行っている。

 

 今回、地元のサッカーチーム、喬木アレグリFCで活動する中平修一郎さん(47)=同村伊久間=の紹介で喬木村の保育園での巡回教室が実現。飯田下伊那地域では初めての開催となった。

 

 強い日差しが照りつける中での教室となったが、園児たちはコーチらの指導を受けながら、一生懸命ボールを追いかけた。2つのボールを使った試合では、4つのチームに分かれ、熱戦を繰り広げた。

 

 指導した萩原正樹コーチ(45)は「元気いっぱいにプレーする園児の姿を見て、私たちが元気をもらえた。今回をきっかけに、飯伊地区の他の保育園でも教室を行いたいので、ぜひ声を掛けて欲しい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号