楽しみながらCOT体験、飯田市で親子向けに教室

スポーツ

[ 2013年 8月 29日 木曜日 15時14分 ]

 運動神経を刺激し能力を高める「コオーディネーショントレーニング(COT)」の親子体験教室が25日、飯田市松尾明の飯田勤労者体育センターで開かれた。市教育委員会主催。未就学児から小学生までの子どもと保護者約30人が参加し、親子一緒に体を動かしたり、ボールなどの道具を使って楽しみながらトレーニングに取り組んだ。

 COTは神経と筋の協応性を高め、自分の体を巧みに動かす能力を鍛える神経系のトレーニングで、市内では学校教育や地域活動を通じて普及が進められている。

 この日は、NPO法人日本コオーディネーショントレーニング協会(JACOT)が定める資格取得者でつくる飯田市コオーディネーショントレーニング実践研究会(ICOT)が講師を務め、ゲーム感覚で取り組むことができる簡単な動作で構成されたCOTを指導した。

 はじめにストレッチを行った後、床に仰向けになって立てた片膝を横に倒した反動で立ち上がる「寝返り立ち」や、体を床に付けた状態でほふく前進する「フローリング」、リズムに乗ってひざとひじの関節を付け合う「ラディアン」など、さまざまな種類のトレーニングに挑戦。

 ボールを使ったCOTでは、天井や壁の真ん中、頭の上などさまざまな高さに投げ上げてキャッチし、力加減の調整について学んだ。

 2個のボールを同時に使うトレーニングでは、親子で「せーのっ」と声を掛け合いながらタイミングを合わせてパス。互いにしっかりとボールをキャッチすると笑顔を浮かべていた。

 ICOTは、COTの定期教室を同会場で開講している。未就学児や小学校低学年の子どもと保護者、小学生を対象に4コースを用意。来年5月まで毎月2、3回実施している。問い合わせ、申し込みは市教委内の市体育協会事務局(電話0265・22・4511、内線5861)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)