めざせスポーツ万能 楽しみながらCOT体験

スポーツ

[ 2014年 11月 12日 水曜日 13時18分 ]

 「体力・運動能力向上教室 めざせスポーツ万能!」が9日、飯田市松尾明の市勤労者体育センターで開かれた。家族連れなど約90人が参加し、運動学習能力を得るための「コオーディネーショントレーニング(COT)」を楽しみながら体験した。市体育協会、市教育委員会主催、市コオーディネーショントレーニング実践研究会(ICOT)共催、NPO法人日本コオーディネーショントレーニング協会(JACOT)協力。

 COTは、運動神経や運動センスといった運動の器用さを高めるためのトレーニング。JACOTを中心に普及活動が展開されており、東京都では昨年度から、幼稚園から高校までの公立学校2500校に導入されている。飯田市では今月から、上郷小学校の2年生の体育に取り入れられる。

 同教室は子どもの運動能力向上や各種競技スポーツの発展、飯田下伊那地域のスポーツ振興などを目的に2008年から実施。サッカーや柔道などのスポーツと組み合わせて実施してきたが、昨年からCOTのみの教室を開いている。

 この日は、JACOT認定資格取得者などでつくるICOTが講師を務め、JACOTのプログラムに基づいて指導。はじめに全国や市内でのCOTの推進事例について学んだ後、COTの運動体験を行った。

 音楽のリズムに合わせ、両手を上げて片足を交互に使いながらジャンプしたり、指示通りの方向に向かってステップしたりと、さまざまな運動を体験。

 ボールを使ったCOTは、親子や友だちどうしでペアになって行った。「せーの」と声を掛け合いながらタイミングを合わせて床にバウンドさせ、互いのボールをキャッチ。小さな子どもたちは何度もボールを取り落としながら取り組み、キャッチに成功すると、保護者と一緒に満面の笑みを浮かべていた。

 運動体験に続いて、COTのゲームに挑戦するチャレンジコーナーが設けられた。

 市体協の専務理事は「運動選手を育てるためには低年齢からCOTに取り組むのがいいので、保育園や幼稚園に広めたい。高齢者の体力持続のためにも進めていけたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19