楽天の大久保新監督が泰阜訪問 村民との絆再確認

スポーツ

[ 2014年 12月 22日 月曜日 10時55分 ]

 「デーブ大久保」の愛称で知られ、プロ野球楽天の監督に就任した大久保博元さん(47)が19、20日の両日、交流が始まってから20年ほどになる泰阜村を訪れた。講演会や野球を通じて子どもたち、村民との絆を再確認し「この2日間でパワーをもらった」と笑顔だった。

 大久保監督は現役引退の翌年にあたる1996年から、少年野球教室の講師を務めるなどして村との交流を深めてきた。野球教室10周年を機に始まった「デーブ大久保杯少年野球大会」は下伊那内外から20チーム以上が参加する大きな大会へと育っている。

 「親の次に大事。家族のようなもの」と泰阜村を愛し、今回の来村も監督就任時の最初のスケジュール調整で組み込んだという大久保監督。初日は泰阜小学校で児童や泰阜中生徒、保護者ら約150人を前に講演し、夜からは村役場で開かれた新監督就任激励会に出席。村民ら約80人との会話を楽しんだ。

 20日は泰阜小年野球クラブ2~6年生18人や泰阜中野球部員と野球を通じて交流。同中2、3年生6人とは別メニューで、1周30分ほどのランニングコースを使って村内を巡り村の風景なども楽しんだ。

 顔見知りの子どもが多い中、気さくに話しかける大久保監督。「顔は覚えている。野球を教えるというより会いに来ている、実家に帰ってきているという感覚。自分の立場が変わっても雰囲気を変えない泰阜村が大好き」と話し、「一番は親を大切に、またあいさつをしっかりしてもらいたい。それができなければ友だちもチームも大事にすることはできない」と子どもたちに伝えた。

 小学2年から野球クラブに入り、大久保監督と接してきた同中3年の男子生徒は「監督になっても来てくれてうれしい。生きるという人としての教えを学ばせてもらい尊敬している。監督のファンです」と大久保監督と肩を並べてランニングコースを走った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

元気が出るバッグ発売

5月18日火曜日15:42

議長に井坪隆氏選出

5月18日火曜日15:31

安全な残土搬出へ連携密に

5月17日月曜日15:29

深さ30メートルの立坑初公開

5月17日月曜日15:08

「集団接種」がスタート

5月15日土曜日13:00

早くも上がる水しぶき

5月15日土曜日13:42

定数超の13派出席

5月14日金曜日15:13

「飯田北改良」構造物設計

5月14日金曜日15:14

環境対策工を一部変更

5月13日木曜日15:04

環境対策巡る懸念伝える

5月13日木曜日15:11

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞