楽天の大久保新監督が泰阜訪問 村民との絆再確認

スポーツ

[ 2014年 12月 22日 月曜日 10時55分 ]

 「デーブ大久保」の愛称で知られ、プロ野球楽天の監督に就任した大久保博元さん(47)が19、20日の両日、交流が始まってから20年ほどになる泰阜村を訪れた。講演会や野球を通じて子どもたち、村民との絆を再確認し「この2日間でパワーをもらった」と笑顔だった。

 大久保監督は現役引退の翌年にあたる1996年から、少年野球教室の講師を務めるなどして村との交流を深めてきた。野球教室10周年を機に始まった「デーブ大久保杯少年野球大会」は下伊那内外から20チーム以上が参加する大きな大会へと育っている。

 「親の次に大事。家族のようなもの」と泰阜村を愛し、今回の来村も監督就任時の最初のスケジュール調整で組み込んだという大久保監督。初日は泰阜小学校で児童や泰阜中生徒、保護者ら約150人を前に講演し、夜からは村役場で開かれた新監督就任激励会に出席。村民ら約80人との会話を楽しんだ。

 20日は泰阜小年野球クラブ2~6年生18人や泰阜中野球部員と野球を通じて交流。同中2、3年生6人とは別メニューで、1周30分ほどのランニングコースを使って村内を巡り村の風景なども楽しんだ。

 顔見知りの子どもが多い中、気さくに話しかける大久保監督。「顔は覚えている。野球を教えるというより会いに来ている、実家に帰ってきているという感覚。自分の立場が変わっても雰囲気を変えない泰阜村が大好き」と話し、「一番は親を大切に、またあいさつをしっかりしてもらいたい。それができなければ友だちもチームも大事にすることはできない」と子どもたちに伝えた。

 小学2年から野球クラブに入り、大久保監督と接してきた同中3年の男子生徒は「監督になっても来てくれてうれしい。生きるという人としての教えを学ばせてもらい尊敬している。監督のファンです」と大久保監督と肩を並べてランニングコースを走った。

  

関連の注目記事

powered by weblio