決勝、表彰台に意欲 小中高7選手が全国へ 飯田スイミング

スポーツ

[ 2018年 3月 9日 金曜日 15時30分 ]

 ISC飯田スイミングクラブ(飯田市鼎西鼎)に所属する小中高生7人が、第40回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会(27~30日・東京辰巳国際水泳場)に出場する。

 大会は10歳以下、11~12歳、13~14歳、15~16歳などの部門に分かれ、個人種目とリレーで競う。

 7選手のうち高陵中2年の山岸琴美さんは、バタフライで全国中学ランキング2位の実力。百メートルバタフライは自己ベストの更新と表彰台に意欲を見せ、四百メートル自由形も決勝進出を狙う。

 飯田高1年の佐藤柊さんは百メートル背泳ぎで決勝進出を目指す。「今年に入って記録が伸びている」と、調子は上向き。目標設定する夏のインターハイに向けて弾みを付けたい。

 妹の佐藤紫苑さん=旭ケ丘中2年=は、二百メートル個人メドレーと二百メートル平泳ぎの2種目に挑戦。どちらも決勝ラインを意識し「自己ベストを出したい」と意気込む。

 全国舞台が初となる鼎小6年の伊藤大羅君は、五十メートルバタフライに挑む。目標は「決勝に残ること」。クラブを運営するアイスクの事業部長、野竹和宏さん(48)は「これからが楽しみな選手の1人。次につながる経験にしてほしい」と背中を押す。

 飯田高1年の今牧まりあさんは自由形の五十メートルと百メートルに出場する。直前の10~20日に、日本水泳連盟が選手強化の一環として行う「ジュニアブロックシンガポール遠征」に参加する予定。そこでの経験を糧に全国舞台へと立つ。

 また佐藤姉妹と山岸さん、今牧さんの4人は女子四百メートルメドレーリレーに。今牧、山岸の両選手に、飯田風越高2年の桜井莉伽さん、飯田女子高1年の小田切海空さんを加えた4人は、女子四百メートルフリーリレーに出場する。両種目とも決勝進出を視野に入れ、大会に向けて気持ちを高めている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01