治部坂高原スキー場で安全祈願祭

スポーツ

[ 2016年 12月 16日 金曜日 15時30分 ]

002スキー場

 阿智村浪合の治部坂高原スキー場で16日、安全祈願祭が開かれた。雪の舞う中、関係者がシーズンの無事を祈り、翌17日からのスキー場オープンへ備えた。飯田下伊那の他のスキー場も23日にオープンする。

 

 同スキー場では暖冬少雪だった昨年と比較し、ことしは氷点下5度から7度の冷え込みが続いて、ゲレンデの整備が順調に進んだ。現在は第一ゲレンデのみが滑走可能だが、23日からは第2ゲレンデを含めた全面滑走が可能になりそうだ。

 

 治部坂観光の伊藤義寛社長(73)は「昨年はオープンが3日遅れたのみだったが、全国的に雪が少ないという風評被害で前年比4割減という状況だった。ことしは11月の大雪で20センチほど積もり、このところ冷え込みが続いて順調に整備できる。来週の3連休には全面滑走が間に合いそうだ」と笑顔を見せた。

 

 平谷村の平谷高原スキー場、阿智村浪合のあららぎ高原スキー場、智里のヘブンスそのはらスノーワールドはいずれも23日のオープンを予定している。問い合わせは各スキー場へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号