泰阜村で駅伝競走大会~24チームたすきつなぐ~

スポーツ

[ 2014年 5月 27日 火曜日 11時06分 ]

 泰阜村体育協会主催の村駅伝競走大会は24日、同村平島田の村総合グラウンドを発着点に開かれた。中学校の部活動や村内の地域、職場でつくる24チームが出場し、沿道の声援を受けながら、前年よりも延長されたコースを満喫。泰阜中学校野球部が総合優勝を飾った。

 同大会は、8月開催の村の一大イベント「ふれあいの里高原ロードレース」を前に、村の陸上競技への関心を高めようと2006年に職場対抗から始まった。駅伝になってからは7年目で、村内の各地域のチームも参加して各職場、地域の親ぼくを深める機会になっている。

 年齢性別の制限はなく小学生から70歳を超える人、老若男女がチームを結成。ことしは9~78歳までが参加した。コースもこれまで一定だった区間ごとの距離に変化を付け、全体で2キロ長い9・5キロをたすきでつないだ。

 例年通り泰阜中学校生徒会が大会の準備や運営に学校を挙げて協力。大会長の林節生体育協会長は「新緑のコースを気持ちよく走ってもらい、村内の絆を深め活性化につなげたい」と語り、選手としても参加した横前明副村長は「同じ目標に向い、コミュニケーションを深めてもらいたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞