浜井場小でフロアホッケー交流会

スポーツ

[ 2012年 1月 23日 月曜日 9時25分 ]

 スペシャルオリンピックス長野飯田プログラム(宮下智代表)と飯田市立浜井場小学校の3、4年生によるフロアホッケーの交流会が21日、喬木村阿島の飯田養護学校で開かれた。訪れた児童22人は同プログラムのアスリート(選手)たちに教わりながら、競技を楽しんだ。

 小学校とアスリートの交流は、スペシャルオリンピックスの普及活動などを目的に毎年開催し、ことしで3年目。スペシャルオリンピックスでは、ユニファイドという健常者を交えた競技を推進している。

 飯田下伊那では入所施設や在宅から30人ほどのアスリートが参加し、毎年春と秋に飯田女子短大を会場にフロアホッケーとテニスの2種目に取り組んでいる。小学生との交流は、アスリートにとっても大勢の人と競技を楽しめる待ち遠しいイベントだ。

 集まった児童とアスリートは互いに自己紹介し、スペシャルオリンピックスの紹介DVDを鑑賞。アスリートたち模擬試合を見てから、実際にスティックを持って基礎練習に挑戦した。

 すべての児童にとってフロアホッケーは初めて。ルールや基本動作を確認するとおもしろさが分かった様子。最後に試合にアスリートと混合で試合を楽しんだ。

 同プログラムの宮下智代表は「究極の目標は、障害者だけでなく健常者と一緒に競技すること。スペシャルオリンピックスを知ってもらうとともに交流を広げていければ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞