浜井場小でフロアホッケー交流会

スポーツ

[ 2012年 1月 23日 月曜日 9時25分 ]

 スペシャルオリンピックス長野飯田プログラム(宮下智代表)と飯田市立浜井場小学校の3、4年生によるフロアホッケーの交流会が21日、喬木村阿島の飯田養護学校で開かれた。訪れた児童22人は同プログラムのアスリート(選手)たちに教わりながら、競技を楽しんだ。

 小学校とアスリートの交流は、スペシャルオリンピックスの普及活動などを目的に毎年開催し、ことしで3年目。スペシャルオリンピックスでは、ユニファイドという健常者を交えた競技を推進している。

 飯田下伊那では入所施設や在宅から30人ほどのアスリートが参加し、毎年春と秋に飯田女子短大を会場にフロアホッケーとテニスの2種目に取り組んでいる。小学生との交流は、アスリートにとっても大勢の人と競技を楽しめる待ち遠しいイベントだ。

 集まった児童とアスリートは互いに自己紹介し、スペシャルオリンピックスの紹介DVDを鑑賞。アスリートたち模擬試合を見てから、実際にスティックを持って基礎練習に挑戦した。

 すべての児童にとってフロアホッケーは初めて。ルールや基本動作を確認するとおもしろさが分かった様子。最後に試合にアスリートと混合で試合を楽しんだ。

 同プログラムの宮下智代表は「究極の目標は、障害者だけでなく健常者と一緒に競技すること。スペシャルオリンピックスを知ってもらうとともに交流を広げていければ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞