第45回天龍梅花駅伝

スポーツ

[ 2013年 2月 19日 火曜日 9時30分 ]

 早春の山里を駆ける第45回天龍梅花駅伝(天龍村主催、南信州新聞社など後援)が17日、天龍村と阿南町を結ぶ6区間40キロのコースで開かれた。招待チームを含め過去最多となる145チーム、計850人が参加。招待チームの佐久長聖高が5年ぶり2度目の優勝を果たした。

 天龍中学校を発着点とし、天竜川沿いの県道飯田富山佐久間線と国道418号などを南下した後、阿南町の南宮大橋まで北上して同校に戻るコース。

 梅の開花時期に開かれることから「梅花駅伝」と名付けられたこの大会。市民ランナーは竜峡小梅の白い花がほころぶ中、起伏に富んだコースで懸命にたすきをつないでいた。

 大会は招待チームの早大と佐久長聖高が1区から飛び出し、佐久長聖は第5区で早大を逆転し、そのままトップでゴールテープを切った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

定数超の13派出席

5月14日金曜日15:13

「飯田北改良」構造物設計

5月14日金曜日15:14

環境対策工を一部変更

5月13日木曜日15:04

環境対策巡る懸念伝える

5月13日木曜日15:11

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞