千葉国体壮行会、9種目に31人出場

スポーツ

[ 2010年 9月 24日 金曜日 15時20分 ]

 25日から10月5日まで(一部会期前に)開催される「第65回国民体育大会(ゆめ半島千葉国体)」の出場者壮行会が21日、飯田市役所で開かれた。代表に選ばれた選手や監督、コーチのうち18人が出席し、市や下伊那郡の関係者から激励を受けた。

 競技は11日間、千葉県内各会場で繰り広げる。飯田下伊那地域からは、9種目に選手21人と監督・コーチ10人の計31人が出場する。

 飯田市体育協会の矢島秀次副会長は「多くの種目で出場を獲得したのは大きな喜び。この栄誉は将来の心の支えになる。皆さんの力で飯田下伊那を活気のある町にしてもらいたい」と激励。渡邉嘉蔵副市長は「県選手団の一員として出場が決定し、おめでとう。皆さんは地域の誇り。力を遺憾なく発揮し、良い記録が出るよう祈っている」と祝した。

 選手を代表して、弓道に出場する平澤敏弘さんは「これまでの練習の成果を発揮し、平常心で悔いのない戦いをしたい」と意気込みを語った。

 選手一人ひとりに花束と餞別を贈った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞