花園で「まずは1勝」 飯田高ラグビー班 牧野市長を表敬訪問

スポーツ

[ 2017年 12月 20日 水曜日 16時02分 ]

表敬訪問後に記念撮影する選手ら

 27日に東大阪市の近鉄花園ラグビー場で開幕する「第97回全国高校ラグビー大会」に県代表として挑む飯田高校ラグビー班の班員36人が19日、飯田市役所に牧野光朗市長を訪ね、「まずは1勝」と誓った。

 飯田は6年ぶり8度目の出場で、28日の1回戦で倉敷工(岡山)と当たる。
 この日、湯沢一道監督(55)は「体格は同じ。勝負になる」と自信をのぞかせ、安永幸太主将(3年)は「相手は外側に速い選手がいる。外側の選手を止めるディフェンスが大事になってくる」といい、初戦突破に意欲を見せた。

 勝てば30日の2回戦で、選抜優勝の桐蔭学園(神奈川)と当たる。

 牧野市長は、30日の試合には会場に駆け付けることができそうで「花園に行って応援した6年前のことを思い出す。1回戦を突破できるよう頑張って」と激励した。

 前回出場の第91回大会で飯田は20―18で高鍋(宮崎)に逆転勝ちし、2回戦で深谷(埼玉)に10―31で敗れている。

  

関連の注目記事

powered by weblio