豊丘駅伝大会開く

スポーツ

[ 2010年 11月 24日 水曜日 15時41分 ]

 第23回豊丘村駅伝大会(実行委員会主催)が23日、村役場を発着点に行われた。小学4年生から一般まで昨年より多い29チーム145人が参加、青空の下でたすきをつないだ。

 天竜川沿いを中心にしたコースで5区間計12・2キロ。吉川達郎村長の号砲を合図に一斉にスタートし、一般、小学生、中学生、女子の4部門で優勝を競った。

 沿道の「がんばれー」「もう少しだ」といった声援を受けながら懸命にゴールを目指した。

 駅伝大会に併せて、とよおかちびっこマラソン(NPOとよおか総合型地域スポーツクラブ主催)の第3回もあり、園児や児童計約60人が役場の周辺を走る幼児の部(900メートル)と小学生の部(1800メートル)の2部門に分かれ元気に駆けた。

 駅伝大会に出場できない小学校3年生以下が対象。同クラブのゼネラルマネージャー酒井浩文さん(45)は「このような機会に走ることの楽しさを知り、体力の向上にもつながってほしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞