阿南町で千石平ロードレース大会開く

スポーツ

[ 2011年 6月 7日 火曜日 9時15分 ]

 阿南町の第10回新野千石平ロードレース大会は5日、新野地区一帯で開かれた。過去最多の1220人がエントリー。小学生から80歳以上までのランナーが新野高原を駆け抜けた。

 地元住民が実行委員会を組織し、地域を挙げて盛り上げてきた同大会。住民によるもてなしが好評で回を重ねるごとに参加者が増している。

 記念すべき10回目を迎える今回の大会は、会場で東日本大震災のため1人100円募金を実施。3キロ、5キロ、10キロの各コースもクラインガルテン新野高原をめぐるコースへ変更。小学生から70歳以上まで年齢性別、コース別の25部門を設けた。

 3キロの部で一番先にゴールにたどり着いた女子児童は「このコースは初めて。アップダウンが多くてきつかったけど、1位になれてうれしいです」と喜んだ。

 栗生勝由実行委員長は「大震災の影響で開催するかも検討したが、皆でがんばっていこうと気持ちを込めて実施した。地域の方が一生懸命応援して新野地区住民数に匹敵するほどのランナーが来てくれるようになった。今後はさらに近隣に波及効果をもたらせるような形で広げていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30