過去最多67チーム競う 阿南町で駅伝競走大会

スポーツ

[ 2016年 4月 26日 火曜日 13時59分 ]

 阿南町主催の第39回みんなで走ろう駅伝競走大会(南信州新聞社など後援)は24日、町西条のコミュニティーの森を発着点に行われた。過去最多の67チームが参加。「祭り街道」と呼ばれる国道151号を通って富草粟野で折り返す6区間の計18・5キロでたすきをつないだ。

 大会は参加チームや地域との交流を深め、心身ともに強健な体づくりと活力ある地域づくりを目的に毎年開催している。

 青空の下、号砲を合図に一斉にスタート。勾配が急な坂など難所もあったが、選手たちは沿道に集まった住民の「がんばれー」「もう少しだ」の声援を力にたすきをつないだ。

 一般、小学生、女子の3部門で順位を競った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞