阿智と平谷の4スキー場がオープン

スポーツ

[ 2013年 12月 23日 月曜日 9時58分 ]

 阿智村と平谷村の4スキー場が21日までに冬営業を始め、県内外から訪れたスキーヤー、スノーボーダーが初滑りを楽しんでいる。

 タイミングよく降った雪のおかげで、いずれのゲレンデもコンディションは良好。中京圏や浜松方面、地元から多くのファミリー層や若者が訪れている。

 阿智村のあららぎ高原と治部坂高原、ヘブンスそのはらの3スキー場では、昨年に続いて上下伊那の小中学生にシーズン券を無料進呈。昨年は子どもの来場者数が大きく伸びたという。

 関係者は「学校のスキー教室に加え、家族一緒に滑りを楽しんでもらえたら」と話している。

 平谷村の平谷高原スキー場では21日、村内の主婦が漬けたダイコンの切り漬けコンテストがあり、来場者が各家庭自慢の味を食べ比べた。

  

関連の注目記事

powered by weblio