阿智村でチャレンジフェスティバル

スポーツ

[ 2016年 8月 13日 土曜日 13時52分 ]

チャレンジゆうフェスティバルk

 阿智村の地域総合型文化スポーツクラブ、チャレンジゆうAchiは11日、スポーツイベント「チャレンジフェスティバル」を伍和の阿智第二小学校で開催した。子どもたちは龍谷大学(京都)の松永敬子教授と同大の学生16人に教わりながら、体を動かす楽しさを感じていた。

 阿智村公民館や育成会、PTAなどで続けてきた「子どもスポーツフェス」を受け継いだ催しで、チャレンジゆうの主催となって12年目。講師の教授はチャレンジゆうの発足や準備の時期から15年余にわたって同村に関わっている。教授とゼミ生は7日に開催した会地公民館の泥リンピックにも参加した。

 フェスティバルには小学生40人が参加した。前半はアイスブレーキングでは学生とともにゲーム形式で交流を深め、後半は▽バドミントン▽サッカー▽ドッジボール▽キンボール―の4種目を20分ずつ体験した。

 スポーツが得意な子どももそうでない子どもも、年の近い大学生のお兄さんお姉さんに教わりながら楽しく体を動かしていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞