阿智村でチャレンジフェスティバル

スポーツ

[ 2016年 8月 13日 土曜日 13時52分 ]

チャレンジゆうフェスティバルk

 阿智村の地域総合型文化スポーツクラブ、チャレンジゆうAchiは11日、スポーツイベント「チャレンジフェスティバル」を伍和の阿智第二小学校で開催した。子どもたちは龍谷大学(京都)の松永敬子教授と同大の学生16人に教わりながら、体を動かす楽しさを感じていた。

 阿智村公民館や育成会、PTAなどで続けてきた「子どもスポーツフェス」を受け継いだ催しで、チャレンジゆうの主催となって12年目。講師の教授はチャレンジゆうの発足や準備の時期から15年余にわたって同村に関わっている。教授とゼミ生は7日に開催した会地公民館の泥リンピックにも参加した。

 フェスティバルには小学生40人が参加した。前半はアイスブレーキングでは学生とともにゲーム形式で交流を深め、後半は▽バドミントン▽サッカー▽ドッジボール▽キンボール―の4種目を20分ずつ体験した。

 スポーツが得意な子どももそうでない子どもも、年の近い大学生のお兄さんお姉さんに教わりながら楽しく体を動かしていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号