陸上の飯伊小中学生大会、大きな声援受け県新も

スポーツ

[ 2016年 5月 24日 火曜日 16時33分 ]

飯伊陸上大会 陸上の第33回飯伊小学生大会兼第17回飯伊中学生大会(飯伊陸上協会など主催、南信州新聞社後援)は21日、飯田市松尾の市総合運動場であった。小中学生の男女計約500人が参加。夏のような日差しが照り付ける中、それぞれ日頃の練習の成果を発揮した。

 

 トラック、フィールド跳躍、フィールド投てきの計49種目で自己記録の更新に挑んだ。

 

 走る距離が長い千メートルや三千メートルでは額の汗をぬぐいながら力を振り絞り、百メートル決勝では向かい風を感じさせない力強い走りでゴールを駆け抜けた。最終種目のリレーでは息の合ったバトンパスで会場を沸かせていた。

 

 大会の独自種目で男女別の「小学3年以下六十メートル走」には172人が参加。号砲を合図に勢いよく飛び出し、腕を大きく振るなどして懸命に駆けると、スタンドからひときわ大きな声援が飛んだ。

 

 多くの好記録が生まれ、このうち本年度から導入の小学男子ジャベリックボール投げは下條小6年の生徒が52メートル62の県新をたたき出した。

 

 小学生の4年百メートルと3年以下六十メートルを除く種目は県、全国につながる予選会を兼ねており、各種目の5位までが県大会(6月26日・松本市)へ進むことができる。

 

 また子どもたちの健闘をたたえ6位までを表彰し、3位までには南信州新聞社からメダルが贈られた。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号