陸上日本選手権競歩で大和選手が県記録

スポーツ

[ 2017年 2月 23日 木曜日 15時28分 ]

001kyoho

 世界選手権(8月・ロンドン)の代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権20キロ競歩は19日、神戸市六甲アイランド甲南大周辺コースで行われ、大和千秋選手(飯田病院)が県記録を45秒更新する1時間35分58秒で7位入賞を果たした。

 女子は34人が参加。リオ五輪代表の岡田久美子選手(ビックカメラ)が終始独歩し3連覇した。

 大和選手は前半の10キロを47分39秒の7位で通過。県記録保持者の溝口友巳歩選手(早大)に先行し、県記録を上回るレースを展開した。15キロ地点は1時間11分38秒で通過し、上位を狙える位置まで追い上げた。

 飯田病院陸上部の大坪章男監督によると、昨年10月の全日本競歩高畠大会から安定した競技力が付き始め、結果を残せる状態が長く続くようになった。世界選手権の参加B標準は切ったが、日本陸連の派遣設定記録は1時間29分15秒と、その壁は高い。大坪監督は「県記録を更新しても県女子競歩のレベルを上げなければならない戦いが待っている。さらに練習の質を高めていく必要がある」とみた。

 大和選手は、3月19日に石川県能美市根上で開催される全日本競歩能美大会兼アジア競歩選手権に出場する予定。

 ▽女子 ①岡田久美子(ビックカメラ)1時間29分40秒⑦大和千秋(飯田病院)1時間35分58秒=県新

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

いつもチャレンジ精神で

10月30日金曜日15:27

地域の特産品を知ろう

10月30日金曜日15:20

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞