風越登山マラソン、県内外850人が健脚競う

スポーツ

[ 2016年 10月 12日 水曜日 15時44分 ]

風越登山マラソン大会

 飯田市のシンボル「風越山(かざこしやま)」を目指して走る「風越(かざこし)登山マラソン大会」は体育の日の10日、丸山町の今宮野球場を発着点に開かれた。さわやかな秋空の下、県内外から集った850人が健脚を競った。

 

 飯田市と市教育委員会、飯田長姫ライオンズクラブ、市体育協会などが主催。市民の健康維持や体力増進とともに、市民の心のシンボルである風越山を愛する心を広める主旨のもとに始まり、ことしで62回目を迎えた。

 

 白山社、虚空蔵山、石灯籠を折り返す「登山マラソンの部」と、かざこし子どもの森公園を周回する「みんなで走ろうの部」、団体で秋の風越山を満喫しながら歩く「ウオーキングの部」の3部門が用意された。

 

 午前8時ごろから各コースが順に出発。今宮野球場内のコース沿いには、丸山まちづくり委員会(小澤伸好会長)が花のプランターを設置して大会に花を添え、参加者を和ませた。

 

 子どもから大人まで、幅広い世代のランナーが力強く腕を振ってスタートを切ると、沿道に並んだ地元住民らから盛んに声援を送られていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号