風越登山マラソン開催

スポーツ

[ 2010年 10月 14日 木曜日 9時34分 ]

風越登山マラソン1 飯田市のシンボル風越山(1、535・1メートル)を舞台に健脚を競う第56回風越登山マラソン大会(飯田市など主催、南信州新聞社など後援)が11日、同市今宮球場を発着点に開かれた。

 

 今回からインターネットでの受け付けを始め、昨年より約60人多い528人が参加。12・4キロ、8・7キロ、4・9キロの3コースに分かれ、やわらかな秋の日差しを受けながらゴールを目指した。

 

 うち標高差約950メートルを駆け上がる最も厳しい白山社コース(12・4キロ)には過去最多の101人が参加した。「ネットで大会を知った」という初参加の群馬県嬬恋村の小学校教諭、松本大さん(26)が優勝し、同市育良町の会社員、秋田雅彦さん(33)の11連覇はならなかった。

 

 沿道には付近住民らが集まり「がんばれー」「もう少しだ」などと声援を送っていた。

 

 登山マラソンのほか、ふもとのかざこし子どもの森公園を走る「みんなで走ろうの部」(3・8キロ)、登山道を歩く「ウオーキングの部」(6キロ)もあった。

 

 また新たな試みとして、飯田特産の水引工芸や市内飲食店の食事券などが当たる抽選会も行われた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号