飯伊のスキー場オープン 本格的な冷え込みに期待

スポーツ

[ 2015年 12月 22日 火曜日 16時28分 ]

 暖冬で雨や冷え込み不足が続く中、飯田下伊那各地のスキー場が徐々に営業を開始した。21日には、延期していた阿智村浪合の治部坂高原スキー場がオープン。あいにく雨天での開幕となったが、常連客などが初滑りを楽しんだ。

 同スキー場は当初18日のオープンを予定していたが、夜間の冷え込みが少なく延期。26日ごろまでの延期も視野に入れたが18日と20日に冷え込み、コースが確保できたため21日のオープンに踏み切った。

 ゲレンデには平日ながらも早朝から家族連れや常連のスキー客の姿が見られた。静岡県浜松市から初滑りに訪れた男性(60)は「毎年オープン初日に来ている。ここで半分ほどしか雪がないのは珍しい。雨で残念だけれど楽しみたい」と語った。

 同スキー場の伊藤義寛社長は「30センチの雪を何とか確保できた。今週末からまた寒波が来る見通し。年末までには全面が利用できるようにしたい」と話していた。

 同スキー場は今シーズン、夜間のスノーモービル乗車を楽しむナイトツアーも開始する。期間は1月16日から2月27日までの毎週土曜日。人口雪によるゲレンデ整備の様子を見られる他、天候が良ければ日本一の星空も見られるという。

 飯伊の各スキー場は、阿智村智里のヘブンスそのはらスノーワールドはゲレンデの整備が順調に進み19日に前倒ししてオープン。平谷村の平谷高原スキー場は20日にオープンしたものの、21日は降雨でクローズとなった。阿智村浪合のあららぎ高原スキー場は23日にオープンする予定。営業状況などの問い合わせは、各スキー場へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30