飯伊のスキー場オープン 本格的な冷え込みに期待

スポーツ

[ 2015年 12月 22日 火曜日 16時28分 ]

 暖冬で雨や冷え込み不足が続く中、飯田下伊那各地のスキー場が徐々に営業を開始した。21日には、延期していた阿智村浪合の治部坂高原スキー場がオープン。あいにく雨天での開幕となったが、常連客などが初滑りを楽しんだ。

 同スキー場は当初18日のオープンを予定していたが、夜間の冷え込みが少なく延期。26日ごろまでの延期も視野に入れたが18日と20日に冷え込み、コースが確保できたため21日のオープンに踏み切った。

 ゲレンデには平日ながらも早朝から家族連れや常連のスキー客の姿が見られた。静岡県浜松市から初滑りに訪れた男性(60)は「毎年オープン初日に来ている。ここで半分ほどしか雪がないのは珍しい。雨で残念だけれど楽しみたい」と語った。

 同スキー場の伊藤義寛社長は「30センチの雪を何とか確保できた。今週末からまた寒波が来る見通し。年末までには全面が利用できるようにしたい」と話していた。

 同スキー場は今シーズン、夜間のスノーモービル乗車を楽しむナイトツアーも開始する。期間は1月16日から2月27日までの毎週土曜日。人口雪によるゲレンデ整備の様子を見られる他、天候が良ければ日本一の星空も見られるという。

 飯伊の各スキー場は、阿智村智里のヘブンスそのはらスノーワールドはゲレンデの整備が順調に進み19日に前倒ししてオープン。平谷村の平谷高原スキー場は20日にオープンしたものの、21日は降雨でクローズとなった。阿智村浪合のあららぎ高原スキー場は23日にオープンする予定。営業状況などの問い合わせは、各スキー場へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞