飯伊わんぱく相撲秋季大会開く

スポーツ

[ 2011年 10月 26日 水曜日 9時28分 ]

 第19回飯伊わんぱく相撲秋季大会(飯伊わんぱく相撲連盟主催、飯田青年会議所など共催)が22日、飯田市松尾小学校体育館で開かれた。小学3―6年生までの男女175人が参加。練習の成果を発揮し、寄り切りや上手投げ、うっちゃりなど、さまざまな決まり手を見せるとともに、最後まであきらめず懸命に戦う姿で会場を沸かせた。

 同大会は相撲を通じた青少年の心身の鍛錬、健康増進などを目的に、実行委員らが企画運営を担うほか、飯田青年会議所のメンバーなど幅広い協力のもと開催される。この日はあいにくの雨で屋外の土俵が使用できなかったため、体育館にマットを敷いて作った土俵で対戦。各種目個人戦で、トーナメント方式の勝ち抜き戦を繰り広げた。

 開会式で、松尾小学校6年の男子児童が「日ごろの練習の成果を発揮し、勝敗だけにこだわらず、自分の弱さと戦い、礼儀を重んじ、正々堂々と戦います」と力強く宣誓すると、会場に詰め掛けた保護者らから、大きな拍手が送られた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞