飯伊サッカーフェス開催 2年連続「マラドーナ」も登場

スポーツ

[ 2016年 10月 13日 木曜日 16時51分 ]

ディエゴ・加藤・マラドーナさん(右)のドリブル突破

 年代や性別に関係なく、飯田下伊那地域のサッカー仲間が集まり、試合やミニゲームを楽しむ「2016飯伊サッカーフェスティバル」が8、9の両日、飯田市松尾明の市総合運動場で開かれた。サッカー界の往年のスーパースター「マラドーナ」のモノマネをネタにするお笑いタレント、ディエゴ・加藤・マラドーナさんが2年連続のゲストとして登場し、華麗な足技やコミカルなパフォーマンスで盛り上げた。

 飯田サッカー協会(吉川敏一会長)が主催。「Enjoy Football」を合言葉に「地域のサッカー熱や一体感を高めることで芝グラウンドをはじめとするサッカー環境の充実につなげよう」と昨年に続いて試みた。

 年代別の試合やサッカーにちなんだミニゲームなどをたっぷり企画。初日は午前に小学3、4年生の12チームが、午後に5、6年生の11チームが参加した。2日目は中学生や社会人の混成を含む6チームの総当たり戦があり、両日で計約400人がプレーを楽しんだ。

 ディエゴ・加藤・マラドーナさんはサッカー強豪高の帝京高校(東京)時代に選手権準優勝2回の実力を誇る。初日は多くの試合でスタメン出場を果たし、随所に絶妙なアシストやゴールを決めていた。

 本物を誇張したパフォーマンスで子どもたちを沸かせるだけでなく「ゴールを決めたら、もっと喜べー」「プレーに集中だ」などの助言も盛んに送っていた。

 吉川会長は「年1回、飯田下伊那のあらゆる世代のサッカープレーヤーが集い、楽しむ機会として、定着させていければ」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞