飯伊小中学生陸上競技大会開く

スポーツ

[ 2018年 5月 21日 月曜日 15時35分 ]

大きく盛り上がった小3以下60メートル走

 陸上の第35回飯伊小学生大会兼第19回飯伊中学生大会(飯伊陸協主催、南信州新聞社後援)は20日、飯田市松尾の市総合運動場であった。小中学生の男女計672人が参加。強い日差しが照りつける中、それぞれが日頃の練習成果を発揮した。

 トラック、フィールド跳躍、フィールド投てきの計53種目で自己記録の更新に挑んだ。

 走る距離が長い千メートルや三千メートルでは額の汗をぬぐいながら力を振り絞り、百メートル決勝では向かい風を感じさせない力強い走りでゴールを駆け抜けた。最終種目のリレーでは息の合ったバトンパスで会場を沸かせていた。

 大会の独自種目で男女別の「小学3年以下六十メートル走」には昨年を上回る206人が出場。号砲を合図に勢いよく飛び出し、腕を大きく振るなどして懸命に駆けると、スタンドからひと際大きな声援が飛んだ。

 小学生女子5、6年ジャベリックスローに出場した香山寧玖さん(喬木第一小6年)は36メートル80センチの大会新で優勝。従来の記録から2メートル79センチ伸ばした。

 小学4年百メートルと3年以下六十メートル走を除く種目は県、全国につながる予選会を兼ねており、各種目5位までが県大会(6月24日・松本市)へ進むことができる。

 また、子どもたちの健闘をたたえ6位までを表彰し、3位までに南信州新聞社からメダルが贈られた。

  

関連の注目記事

powered by weblio