飯田でシニアサッカー大会開催

スポーツ

[ 2014年 12月 3日 水曜日 9時54分 ]

 飯田サッカー協会(村松豊次会長)は11月30日、40歳以上を対象にした「シニアサッカー大会in飯田」を飯田市松尾明の市総合運動場で開いた。飯田下伊那を拠点とする地元の「ヨントス飯田」のほか、伊那市と駒ケ根市、名古屋市、岐阜県中津川市の計5チームが参加。各チーム2試合ずつで順位を競った。

 ヨントス飯田は1987(昭和62)年に発足以来、「名古屋クロウズ」との交流を重ね、99年からは「中津川シニア」を加えた3チームで12月に飯田大会を企画。2010年から「いなのかんたろう」が、今回は新たに「駒ケ根AFC」が参戦した。近年は降雪に見舞われたため、開催時期を早めた。

 40歳以上が基本だが、各チームの年代事情も考慮して3年前からは「50歳以上または女性を常時6人以上プレーさせる」ルールを採用。20代の女性や60代後半の年配者も同じピッチで競り合った。

 優勝は2勝を挙げた中津川。地元のヨントスは最終戦に勝てば戴冠のチャンスだったが、いなと引き分け準優勝だった。

 村松会長は「各チームともに大きな力の差はなく、飯田と駒ケ根は女性も活躍していた。来年からはさらに女子力が必要となるかもしれない」と予測。60代も多く出場した名古屋のプレーをたたえ「楽しみながらも勝負にこだわっている。年齢に関係なく『サッカーを続けたい』という気持ちが伝わってきた」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24