飯田でプチフェスティバル、なでしこ児童ら躍動

スポーツ

[ 2016年 7月 5日 火曜日 13時04分 ]

なでしこプチフェス 県内の女子小学生チームが集まり、8人制の交流戦を行う「プチなでしこフェスティバル飯田会場」が2日、飯田市松尾明の市総合運動場で開かれた。地元のアザリー飯田フィエットなど9チームの児童約150人が参加し、芝生のピッチを駆け回った。

 

 県サッカー協会が主催。小学生年代の女子選手が競ったり、楽しんだりの舞台を提供しようと、昨年から県内各地で開いている。

 

 午前は各チームが1試合40分の計2試合に臨み、午後は10歳以下を集めた交流戦や6年生を対象にした講習会(県トレセン)も開いた。

 

 日本サッカー協会は2015年度から、12歳未満の女子選手は第4種(少年)チームに登録するよう方針を変更。県協会は女子チームだけのリーグ戦の成立が難しいことから、代替となるプチフェスティバルを増やしている。

 

 アザリー飯田も女子小中学生がサッカーに親しむ機会を提供しようと「ガールズ・サッカースクール」を4~6月に市内で開催。先月の第3回には約30人が集まった。

 

 統括育成部長(53)は「競技志向だったり、女子だけで楽しみたかったりと個々に思いや事情は異なるが、サッカーや運動を楽しめる機会を増やしていければ」と話していた。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号