飯田子ども劇場がにこりんピック開催

スポーツ

[ 2015年 2月 14日 土曜日 9時07分 ]

 飯田子ども劇場は11日、運動会「にこりんピック」を飯田市伊賀良公民館で開いた。会員や一般の親子連れなど40人以上が参加し、元気いっぱいに体を動かしながら6競技に取り組んだ。

 異年齢の子どもたちがさまざまな遊びを行う同劇場の自主活動「やんか村」の一環で、会員の子どもたちが友だちを誘ったり、家族で参加した。

 初めに赤と白の2チームに分かれて開会式を実施。聖火に見立てた赤い花を持った選手が入場すると、代表者が「正々堂々競技することを誓う」と選手宣誓を行った。

 競技は、丸めた新聞紙を使った玉入れやパン食い競争、昔ながらの遊び道具を持って行う障害物競走など、年齢を問わず楽しめるものを用意。チームで協力して取り組み、大人が小さな子どもを支えながら競技を行ったり、仲間に声援を送っていた。

 ジャンボかるたとりは、約80×50センチの巨大なかるたを床一面に並べて実施。各札が読み上げられると、子どもたちは一目散に駆け寄って「はいっ」と声を掛け、次々に札を取っていった。

 競技後には、参加者が持ち寄った食材で作った「やんか鍋」を全員で味わっていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio