飯田市で開くツリークライミング日本選手権関係者が表敬訪問

スポーツ

[ 2010年 2月 18日 木曜日 8時30分 ]

 4月に飯田市で予定されているツリークライミングの日本選手権、ジャパン・ツリークライミング・チャンピオンシップ(JTTC)開催に向け、大会を主催するツリークライミング・ジャパン(TCJ)と、後援の飯伊森林組合、協賛の文吾林造園の代表者が17日、渡邉嘉蔵副市長を表敬訪問した。

 ツリークライミングは、専用のロープや安全帯などを利用して木に登り、森や自然との一体感を味わう米国発祥の体験活動。先進地の同国では、この技術を使うアーボリスト(樹芸家)と呼ばれる人たちが樹木の管理などで活躍しており、日本でもTCJと日本アーボリスト協会(JAA)が普及を図っている。1月には日本選手権に向けてハワイで研修会が行われた。

 TCJ代表のジョン・ギャスライトさんは「日本の林業での木の登り方は海外に非常に評価されている。日本の技術を世界に紹介したい」、文吾林造園の原孝昭社長は「これまで日本の林業界は個人技術がなかなか評価されなかったが、飯伊森林組合の職員が昨年の世界大会に出場し、その技術が世界で認められた。大会開催が、林業界に人が入ってくるきっかけになれば」と大会に対する意気込みを語った。

 渡邉副市長は「今回の大会は飯田市の森林を見直し、市民にとって身近なものに感じられる機会になる。飯田が世界とつながる重要なポイントになれば」と大会関係者を激励した。

 大会には、樹木専門家の国際組織であるISAに認められたプロのツリークライマーや林業、造園業従事者、ツリーワーカーの資格保持者などが参加し、約15人が4月の日本選手権に出場予定。このうち補欠を含む2人が世界大会に参加する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞