飯田高ラグ班が県知事を表敬

スポーツ

[ 2011年 12月 19日 月曜日 9時05分 ]

 27日に東大阪市の近鉄花園ラグビー場で開幕する第91回全国高校ラグビーフットボール大会への出場を決めた飯田高校ラグビー班の選手らが16日、県庁を訪ね、阿部守一知事に健闘を誓った。

 訪れたのは下沢秀夫校長や湯沢一道監督、3年生の選手ら計24人。主将は「自分たちの目指しているプレーをやり切ってがんばりたい」と意気込みを語った。

 阿部知事は「日ごろの練習の成果、努力の成果を発揮し、まずは1回戦を突破してほしい」と激励し、ラグビーボールを贈った。

 飯田は28日の1回戦(第1グラウンド・午前11時15分)で宮崎県代表の高鍋と対戦する。高鍋は2年ぶり19度目の出場。

 飯田の花園出場は2年ぶり7度目。初戦突破を果たした1998(平成10)年の第78回大会以来となる全国大会2勝目を狙う。

 花園に向け、24日午前に飯田を出発する。

  

関連の注目記事

powered by weblio