高校ラグビーで飯田は1回戦敗退

スポーツ

[ 2019年 12月 28日 土曜日 13時00分 ]

 第99回全国高校ラグビー大会は27日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で1回戦の8試合を行った。2年ぶり9度目の出場の飯田は初出場の大分東明と対戦。0―35で敗れ、91、97回大会に続く初戦突破はならなかった。

 フィジー出身選手2人を中心とした突破力と平均体重で10キロ上回るフォワード陣を武器にする大分東明。対する飯田は1年時に花園を経験した選手が残り、今シーズンは県内公式戦無敗。「例年になく力がある選手がそろっている」(湯沢一道監督)とするバックス陣を中心に攻略を狙ったが、圧倒的なフィジカルの前に屈した。

 試合開始直後の前半2分、相手のミスからボールを奪うと、CTB黒澤稔生選手(3年)、WTB塚平康生選手(2年)とつないでゴールラインを割った。トライは認められなかったものの、初出場の緊張からか浮き足立った相手の隙をつき、流れを引き寄せたかに見えた。

 しかし前半16分、193センチ体重112キロの留学生ナンバー8、セコナイヤ・ブル選手に初トライを決められて先制を許す。その後も相手の勢いを止めることはできず、計3トライを奪われた。

 後半は飯田の強みである素早い展開プレーを幾度も披露。粘り強い守備も見せて何度か好機をつくったが、要のCTB横前耕太郎選手(3年)らがもう一人の留学生、CTBジョアペ・ナホ選手の徹底マークに合い、トライを決めることはできなかった。

 「留学生2人を止めてやっと勝負になる」と見ていた湯沢監督(57)は、「留学生2人にBK陣がことごとくボールを取られて苦しくなってしまった」と振り返り、「これだけBKがボールを奪われたのは初めて」と肩を落とした。

 会場には、在校生やOB、保護者ら700人以上がバス12台で駆けつけた。試合中は応援席から「いけ!飯田」「がんばれ飯田」などと熱い声援を飛ばし、選手らをもり立てた。ノーサイドの笛が鳴った後は拍手を送り、飯田高校の校歌を合唱して一生懸命に戦った選手たちをたたえた。

 湯沢一道監督
 3年生は成績が良い子が多く、勉強との両立をよくやってくれた。これだけのメンツがそろった学年はない。ボールを動かすラグビーができて私も幸せだった。

 井原啓太主将
(後輩たちへ)体をしっかりと作り、フィジカルで相手に負けないようになってほしい。進学して競技を続けるかは分からないが、ラグビーが好きなので県のラグビー界に何らかの形で貢献していければ。

◎写真説明:フィジカルで勝る相手にも果敢に攻める飯田

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞