高校ラグビー県決勝で飯田高惜敗

スポーツ

[ 2016年 11月 4日 金曜日 15時46分 ]

003ラグビー

 花園につながるラグビーの第96回全国高校大会県予選は3日、決勝を長野市の南長野運動公園総合球技場で行い、飯田が10―19で岡谷工に敗れた。岡工は5年連続31度目の優勝を果たし、飯田は5年ぶり優勝に惜しくも届かなかった。全国大会は12月27日から東大阪市の近鉄花園ラグビー場で開催される。

 後半24分過ぎ、ゴール前の絶好の位置でペナルティーを獲得し、ペナルティーゴール(PG)を狙うかどうかの判断が試合の流れを大きく左右した。

 差は2点。PGが決まれば逆転はできるが、差は1点のみ。ベンチからは「ペナルティーゴールを狙え」との声もあったが、SO亀井主将は仲間の雰囲気を感じ取ってトライを取りにいくことを選択。絶好機に集中力を研ぎ澄ませ、連続攻撃からゴール際まで攻め込んだがあと一歩のところで反則を取られ、直後にリードを広げられた。亀井主将は「それまで自分たちのラグビーができていたのでちょっと欲が出た。ただ相手の焦りを肌で感じ、勝負どころだと思った」と振り返った。

 飯田は開始4分、相手ディフェンスを交わしながら前進を試み、ゴール前の反則からWTB大平がPGを決めて先制した。

 昨年11月の南信高校新人大会決勝で0―40と大敗し、今年2月の県高校新人大会決勝でも0―38で敗れている岡工から先制点をもぎ取ったことでチームは勢い付いた。

 課題としていたモールにも狙い通りに対応。FWの平均体重では13キロほど劣るが、「1年間かけてこの日に備えた」(湯沢監督)とあって逆に押し返す場面もあった。

 前半終了間際にはゴールのほぼ正面で反則を奪い、PGを狙うこともできたが、そのままボールをキープ。相手ディフェンスを徐々に崩し、最後は「ラインが見えた」というフッカー安永がディフェンス網を強引に破ってそのままたたき込んだ。

 ゴールを背負う苦しい場面で堅守が光り、亀井主将の視野の広いゲームメークでエリアを何度も挽回した。経験豊富なSH礒田の意表を突くハイパント攻撃で相手に重圧をかけた。体重差のあるFWも粘りを見せた。亀井主将は敗戦に悔しさをにじませたが、「最後の試合で自分たちのやりたいラグビーはできた」とも。目に涙をためた表情はどこか晴れやかだった。

 湯沢監督は「けがなくやってこれたのが大きい。スタートラインは低かったが、3強と呼ばれた岡工やOIDE長姫と比べ、この1年で一番伸びた」と成長をたたえた。

 岡工の全国大会出場は5年連続29度目。組み合わせ抽選会は12月3日に行われる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24