高校野球 風越がサヨナラ勝ち、下農、飯田も2回戦進出

スポーツ

[ 2014年 5月 1日 木曜日 15時10分 ]

 第130回春季北信越高校野球県大会南信地区予選は29日、飯田県営球場など2会場で1回戦6試合を行った。飯伊勢は、風越が5―4でOIDE長姫にサヨナラ勝ちし、下伊那農は13―3で高遠に快勝。飯田は12―2で茅野を下し、阿智は0―10で赤穂に敗れた。

 飯田は序盤に得点を集め、五回の大量5点で試合を決めた。阿智は立ち上がりを狙われ、試合の主導権を握れなかった。接戦となった風越―OIDE長姫は、勝負どころで加点した風越が粘る相手を振り切った。下伊那農は三回までに10点差を付けて高遠に圧勝した。

 勝った下伊那農は辰野、飯田は松川、風越は岡谷南とそれぞれ2回戦で当たる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞