高校野球南信予選で下伊那農が敗退

スポーツ

[ 2016年 9月 17日 土曜日 14時26分 ]

003高校野球

 第135回秋季北信越高校野球県大会南信地区予選は17日、準決勝2試合を諏訪湖スタジアムで行い、16季ぶり7回目の県大会出場を既に決めている下伊那農は1―16で東海大諏訪に五回コールド負けした。18日の3位決定戦へ進む。

 下農の主戦左腕木下歩は二回途中までに大量7点を失った。継投した右腕勝又も勢い付いた相手打線を止めることができず、序盤で試合を決められた。

 打線は4安打に抑えられた。二回1死二塁から6番土岐の中越え三塁打で1点差とし、直後に試みたスクイズは外されて逸機。五回は連打で無死一、二塁の好機をつくったものの後続が打ち取られた。

 東海大諏訪は初回、敵失にバンド犠打を絡め3連打で2点を先制。二回は満塁から走者一掃の右中間三塁打などでリードを大きく広げ、試合の主導権を握った。下農の木下歩は「(2安打完封した)準々決勝よりも球は走っていたけど低めの変化球が決まらず、甘く入ったストレートを狙われた。修正できないままずるずると行ってしまった」と振り返り、立ち上がりを悔やんだ。

 松島監督は主戦左腕の内容に「インコースで勝負できないと力のあるチームには勝てない。攻める気持ちもほしい」と県大会に向けて課題を指摘した。

 ▽準決勝

下伊那農
01000―1
2950×―16
東海大諏訪
 (五回コールド)

(下農)木下歩、勝又―木下大
(東海)早川、川崎―中野

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞