高森でサッカー教室開く

スポーツ

[ 2012年 1月 25日 水曜日 9時48分 ]

 高森町の下市田、みつばの両保育園の年長園児計63人を対象にしたサッカー教室が24日、同町下市田区民会館体育館で開かれた。園児用に練られたメニューとあって、子どもたちは楽しみながらサッカーに触れた。

 サッカーを通して体を動かす機会に―と、サッカーの県社会人1部リーグで活躍するアザリー飯田フットボールクラブ(飯田市)が中心になり、飯田下伊那の保育園などで8年前から開いている。

 当初は同会館近くの芝生広場を予定していたが、前日に積もった雪のため体育館で行った。

 同クラブの選手やコーチらが先生役。全身を使ったじゃんけんで体をほぐした後、ゲーム性を取り入れた準備運動で和やかな雰囲気をつくり、三角コーンを競い合って蹴るなどして蹴る楽しさを伝えていた。

 また新聞紙を詰めたポリ袋をボールに見立て、蹴ったりシュートをしたり。最後にミニゲームもあり、子どもたちは夢中になって4つのゴール目掛けてシュートを決めていた。

 30日までに吉田河原、山吹、吉田の3園も対象に教室を開く予定。

 教室を主催した高森FCスポーツ少年団キッズコーチ(48)は「小さいうちからサッカーを楽しんでもらいたいというのが一番。アザリーの協力で今後も開催したい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34