高森町 「島岡御大」の古里で少年野球大会白熱

スポーツ

[ 2012年 8月 30日 木曜日 9時33分 ]

 24回を数える高森町伝統の島岡吉郎旗少年野球大会が26日、同町の町民グラウンドなど2会場で開かれた。高森町スポーツ少年団南野球と切石少年野球クラブが優勝した。

 同町出身で、東京六大学野球の明治大学野球部で名物監督として知られた、故島岡吉郎さん(1911~89年)にちなんだ大会で24回目。ことしも飯田下伊那の少年野球16チーム約300人が参加し、町民グラウンドと高森南小学校グラウンドに分かれて、8チームずつのトーナメントでそれぞれ優勝を競い合った。

 炎天下のゲームとなったが、各チームは練習の成果を発揮して熱戦を展開。チームメイトや家族の声援、拍手を受けながら、走攻守にわたって真剣プレーを繰り広げ、精いっぱいなプレーを見せていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞