高森町で全日本カヌー競技大会、天竜川難コースに挑戦

スポーツ

[ 2013年 8月 27日 火曜日 16時12分 ]

 高森町主催、県カヌー協会など後援の「第42回全日本天竜川カヌー競技大会」は25日、同町下市田の市田港をスタート地点に時又港までの約13キロコースで開かれた。懸念されていた水量不足もこの日の降雨で取り戻し、絶好のカヌー環境の中、県内外から集まった約70人のパドラーが日頃の練習の成果を競い合った。

 同大会は天竜川を観光資源に「町の魅力づくり」の一環として企画。「川に親しむ事業」として毎年この時期に開催している。ことしも県内をはじめ、北は宮城県、南は大分県から最年少23歳、最高齢66歳までの60艇の参加を得て、10種目でタイムが争われた。

 天竜川は急流で波も高く、特に同大会は「ダウンリバー」の全長が約13キロある長いコース。「日本で一番強いパドラーが求められる」とも呼ばれ、スタートと同時に参加者らは次々と難コースに挑んだ。40回目の出場という三重県桑名市から訪れた男性(64)は「天候が良くても悪くてもスリルがあり楽しいコース。来年も必ず出場したい」と話していた。たかもりカヌークラブの会長は「歴史も全国で1番長い大会。選手は実力を存分に発揮し、楽しんでもらいたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞