鼎地区縦断駅伝開く

スポーツ

[ 2015年 9月 8日 火曜日 15時30分 ]

 30回の節目を飾る鼎地区縦断駅伝(飯田市鼎公民館主催、南信州新聞社など後援)が6日朝、同地区一帯で開かれ、子どもから大人までの37チーム約300人が全8区間約12キロでたすきをつないだ。注目の分館対抗は名古熊が5連覇を達成し、館長杯を手にした。

 分館の各チームと鼎小、中学校、一般の計37チームが出場。午前7時に牧野光朗飯田市長による号砲で東鼎のJAみなみ信州およりてファームをスタートした。

 下茶屋、上茶屋、切石などの各地点でバトンを渡して中継し、坂道を上って一色へ。名古熊を経てゴールの鼎中を目指した。

 中盤までオープン参加のISジュニア駅伝クラブAと名古熊がデッドヒートを繰り広げ、終盤にジュニアAが抜け出てトップのゴールを駆け抜けた。

 注目の分館対抗は名古熊が追随を許さず5連覇。アンカーの男性(44)は「1週間にわたって朝練習をした成果が出た。若い選手たちのおかげ」と喜びを語った。

 小中学校からは計9チームがエントリーした、大人たちと交じって熱走する姿も見られた。

 初回から30回連続で出場している選手は2人。うち、切石分館のかめチームで1区を走った最年長ランナーの男性(74)は、趣味で毎週計30キロのランニングを重ねている。無事にバトンを渡すと、「さすがにきついが、この年齢まで走り続けられるのは、周囲の皆さんのおかげ」と感謝を口にしていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞