鼎縦断駅伝で48チーム熱走、名古熊が3連覇達成

スポーツ

[ 2013年 9月 11日 水曜日 15時21分 ]

 第28回鼎地区縦断駅伝(飯田市鼎公民館主催、南信州新聞社など後援)が8日朝、同地区一帯で開かれ、子どもから大人までの48チーム約400人が全8区間約12キロでたすきをつないだ。注目の分館対抗は名古熊が独走で3連覇を達成し、館長杯を手にした。

 分館の各チームと鼎小、中学校、一般の計48チームが出場。小中学校からは計16チームがエントリーしたほか、大人のチームに混ざって走る児童生徒もいた。

 午前7時に東鼎のJAみなみ信州およりてファームをスタート。下茶屋、上茶屋、切石と中継し、坂道を上って一色へ、名古熊を経てゴールの鼎中を目指した。

 注目の分館対抗は、中盤で混戦を抜け出した名古熊が追随を許さず3連覇。アンカーの男性は「チームとしては100点満点の走り」と喜びを語った。

 今回は初めて下伊那農業高校の3チームも出場し、一般の部で陸上班の下農T&Fが2位に入った。班長(16)は「女子が多いチームだが、みんなしっかり走ることができて良かった。ジョギングで利用している道路で走りやすかった」と話していた。

 オープン参加のISジュニア駅伝クラブの走りも光った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞