龍江絆駅伝 31チームがたすきつなぐ

スポーツ

[ 2014年 12月 9日 火曜日 12時18分 ]

 ことし合併50周年を迎えた飯田市龍江地区の駅伝大会は7日、今田平農村広場をメーン会場に開かれた。節目を記念して「龍江1周駅伝の集い」から「龍江絆駅伝」に名称も変更。地区内の子どもから高齢者まで約240人、31チームが参加して1周3キロの周回コースをたすきでつないだ。

 昨年までは龍江小や竜東中をスタートに地区内を巡るコースだったが、観光シーズンのバスの往来など安全面配慮への要望を受け、今回から同広場を中心に周回するコースへと変更した。大会名も「1本のたすきに仲間の期待と自分の心をつないで走り、新たな仲間、地域づくりの機会に」との思いを込めて改称し、ことしで22回目を迎えた。

 竜東、竜峡中学校の部活動をはじめ、地域の企業や消防団、家族で出場するチームもあり、晴れ渡った青空の下、優勝を目指すとともに幅広い世代が地域の垣根を越えて交流を図った。6回目の出場という竜峡中1年の男子生徒(13)は「コースが平らになり走りやすそう。頑張りたい」とチームのたすきを見守った。

 会場では地元有志が持ち寄った野菜を使って豚汁が無料配布され、おでんも販売されるなど地域ぐるみで大会を盛り上げた。主催した龍江公民館の鳴海和彦館長は「天竜川を挟んだ地区同士で絆を深め、広めてもらいたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞