100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

スポーツ

[ 2018年 7月 10日 火曜日 15時24分 ]

元気良く行進する阿南ナイン

 大雨の影響で1日順延となった「第100回全国高校野球選手権記念長野大会」の開会式が8日、松本市野球場で行われ、85チームによる夏の甲子園出場を懸けた戦いが幕を開けた。飯伊球児も足並みをそろえ、元気いっぱいに行進。開会式後、木曽青峰―長野吉田の開幕戦で熱戦の火ぶたが切られた。

 開会式は前回大会優勝の松商学園を先頭に、南信、中信、北信、東信の順に入場行進した。飯伊勢は松川、飯田、風越、OIDE長姫、下伊那農、阿智、阿南の順にグラウンド入り。いずれのチームもやや緊張した表情の選手も見られたが、「イッチニ、イッチニ」の掛け声に合わせてグラウンドを踏みしめ、観客の拍手には胸を張った。

 また第1回大会が行われた1915(大正4)年以前に創部された松本深志(松本中)、長野(長野中)、諏訪清陵(諏訪中)、飯田(飯田中)、上田(上田中)、大町岳陽(大町中)、飯山(飯山中)、野沢北(野沢中)、松商学園(松本商)、岡谷工(諏訪蚕糸)の10校の部員が当時のデザインのユニホームを着用し、入場行進もした。

 岡谷南の小林泰輝主将が選手宣誓に立ち、「先輩方が築き上げた高校野球の歴史を、次の100年へとつなげる第一歩となるよう、最後の1球まで全力で戦い抜く」と誓った。

 飯伊勢7校のうち松川、飯田、OIDE長姫は9日に登場。風越と下伊那農は10日、阿南は12日、阿智は13日がそれぞれ初戦となる。

 4回戦までは松本市野球場、長野オリンピックスタジアム、上田県営、諏訪湖スタジアムの4球場で実施。準々決勝以降は主会場の松本市野球場で行い、順調に日程が進めば22日に甲子園に出場する県代表が決まる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34