2年連続全国「まず1勝」 飯田高ラグビー班が市長表敬訪問

スポーツ

[ 2015年 7月 6日 月曜日 12時51分 ]

 アシックスカップ第2回全国高校7人制ラグビー大会(18~20日・上田市菅平高原)への出場を決めている飯田高校ラグビー班が3日、飯田市役所に牧野光朗市長を訪ね、健闘を誓った。

 飯田は2年連続の出場で、前回大会は2日間を通して3戦3敗。湯沢一道監督は「昨年は1勝もできずに悔しい思いをした。ことしは1勝したい」と述べ、主将の生徒(3年)も「県代表としてまずは1勝」と意気込みを語った。

 牧野市長は「県代表、伊那谷の代表として練習の成果を発揮して」と激励し、記念のボールを手渡した。

 全国大会は各都道府県代表と前回優勝チームの計48校が出場する。予選は3チームずつの16ブロックに分かれて総当り戦を実施。その後は順位ごとにトーナメント戦を行い、優勝チームを決める。対戦相手はまだ決まっていない。

 7人制は来年のリオデジャネイロ五輪と20年の東京五輪で正式競技になる。日本ラグビー協会が主催する全国大会は高校世代の強化や競技の普及を狙って昨年新設された。

 15人制と同じ広さのグラウンドを使い、ルールはほぼ同じ。高校の試合は15人制が前後半30分ずつなのに対し、前後半7分ずつと短い。接触プレーが少なく、走力が重視される。高校のチーム登録には15人制は最低15人が必要だが、7人制は控えを含め10人で済む。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶4 「語り継ぐ原動力に」 飯田日中友好協会泰阜の木下さん

8月21日火曜日17:48

高森町 「御大人形」がお目見え 六大学野球オールスター戦をPR

8月21日火曜日15:27

三穂小「力を結集する2学期に」 飯伊各地で始業式

8月21日火曜日15:40

記録更新へ力を発揮 陸上の飯伊選手権大会

8月20日月曜日15:34

食べて飲んで至福の1日 「飯田丘のまちバル」盛況に

8月20日月曜日15:06

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01