ISC所属の山岸選手がバタフライで優勝

スポーツ

[ 2019年 4月 18日 木曜日 15時02分 ]

 ISC飯田スイミングクラブ(飯田市鼎西鼎)に所属する飯田女子高校1年の山岸琴美さん(15)=高陵中出=が、先月に東京辰巳国際水泳場で開かれた「第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会」に出場し、女子百メートルバタフライで優勝した。

 山岸さんは、自己ベストを更新し、大会新記録に0・07秒まで迫る58秒50の泳ぎで予選を1位通過。決勝でも好調を維持し、クラブ初の優勝に輝いた。

 昨シーズン思うような結果を残せなかった悔しさをばねに、オフシーズンは課題である持久力の強化に取り組んできた。泳ぎも見直し、自己ベストを更新するために全力を尽くした。

 「オフシーズンの練習が自信につながり、本番でも緊張することなく泳ぐことができた」と振り返る山岸さんは、今月に行われた日本選手権水泳競技大会にも出場。社会人や大学生と競う大会で県の高校生記録を更新する泳ぎを見せ、17位に入るなど健闘した。

 今シーズンは5・6月に行われるジャパンオープンに出場し、ナショナル選手に選ばれることを目標に掲げる。「2つの大会でスタートの遅れなど新たな課題も見つかった。目標を達成するために更に練習に励みたい」と力を込めた。

◎写真説明:JOC・百メートルバタフライで優勝した山岸さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞