MSBLが開幕

スポーツ

[ 2013年 4月 30日 火曜日 9時18分 ]

 南信州軟式野球連盟(MSBL)の2013年シーズンが28日開幕した。飯田市松尾寺所の旭松グラウンドで開かれた開幕式には、加盟する12チームの選手らが集結。応援に駆け付けた家族や同僚らが見守るなか、オムロンの主将(27)が「クリーンな試合で最後まであきらめず全力で戦う」と誓い、半年間にわたる熱戦がスタートした。

 MSBLは、飯田下伊那地域の企業在籍者が野球を通じて健全な精神と身体を育み、選手間でのコミュニケーションを図ることで若者が定住する活力ある地域づくりへの貢献と、産業経済への寄与を目的に10年に発足し、4季目を迎えた。

 今季は、6リーグずつ「Mリーグ」「Sリーグ」に分かれ、各5試合を戦いリーグ優勝を決める。その後各リーグの上位3チームによる決勝トーナメントを行い、10月に真のチャンピオンチームを決定する予定。また、リーグ戦の途中には「信濃グランセローズ杯トーナメント」も実施される。

 このほか、選手会からの「出来るだけ多くの選手が試合に参加できるように」との要望を受け、今季新たに10人攻撃制(EDH)が導入された。

 開会式であいさつに立ったMSBL副会長は「各企業の努力にまず感謝したい。真剣なプレー、全力の戦いを通じて地域や会社の枠を超えた連携、交流が生まれれば」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24