SO長野いいだがフロアホッケー交流会

スポーツ

[ 2016年 12月 17日 土曜日 13時34分 ]

002フロアホッケー

 スペシャルオリンピックス(SO)長野いいだ支部(事務局・明星学園)は17日、地元中学生とのフロアホッケー交流会を喬木村の飯田養護学校体育館で開いた。阿智中学校の1~3年生20人が、飯田下伊那5施設を利用するアスリートと練習、試合を通して親睦を深めた。

 知的障害がある人の自立や社会参加を目的に、日常的なスポーツプログラムや競技会を開くSOについて知ってもらおうと開き、アスリートは南原苑とこぶし園、夢のつばさ、親愛の里、明星学園の利用者。長い人は10年ほどのキャリアを誇る。

 阿智中は夢のつばさと交流があることから対象に選ばれ、同校の厚生部が校内放送で呼び掛けたところ、予想を上回る20人が参加を希望して関係者を喜ばせた。

 この日はSOの活動を紹介するDVDの上映、準備運動に続いて参加者全員で円陣を組むと、「SOファイト!」の掛け声を挙げて気持ちを一つにし、ルール説明を受けながら競技を体験した。

 厚生部長の佐々木宝君(15)は「多くの仲間が福祉活動に積極的に参加してくれてうれしい」と笑顔で話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞