TOJの優勝杯を制作

スポーツ

[ 2017年 5月 20日 土曜日 14時05分 ]

001tsuchiya

 飯田市上郷別府の陶芸家・土屋智恵さん(43)が、25日に市内で開催される第20回ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージ優勝者に贈呈する、陶製の優勝杯を制作した。伊那谷の山並みとリンゴの花を描き、飯田の春の情景を表現。19日に市役所で会見を開き、優勝杯を披露した。

 南信州ステージ実行委員会では昨年から、地域の特色を生かした大会運営の一環として、地元の若手芸術家によるトロフィーの作成・贈呈を実施。前回は、龍江の陶芸家・水野雅史さんによる尾林焼の優勝杯が制作された。

 ことし初め、実行委員会が土屋さんに制作を依頼。土屋さんは「伊那谷のきれいな風景を表現したい」と、大瀬木にある母の実家のリンゴ畑から眺めた山並みを杯に表すことにした。

 地元の大平長石を土の素材に取り入れて成形。手にした時にリンゴの花束を持っているようなイメージになるよう、持ち手の部分をリボンの形にして、杯の表と内側にリンゴの花々を配した。杯のふちには、南アルプスと手前の伊那山地の稜線を描き込んでいる。

 女性らしさを出そうと、全体を優しい色彩で表現。白いマットな地に、薄いピンクの花や赤いつぼみ、緑の葉をいっぱいに付けたリンゴの木を描いている。

 土屋さんは「釉薬が流れてしまったり、思うような色が出なかったりして試行錯誤し、5回焼いて思うようなイメージに仕上げることができた。優勝杯を手にした方が後で見た時に、伊那谷のきれいな風景の中を走ったことを思い出してもらえたら」と話していた。

 ほか南信州ステージでは副賞として、飯田水引協同組合の水引製王冠、喜久水酒造の純米吟醸猿庫の泉、伊那谷クラウド合同会社のシードルPoshが各賞受賞者に贈られる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞