TOJの出場チーム決定、南信州ステージは21日

スポーツ

[ 2014年 5月 2日 金曜日 13時46分 ]

 21日に飯田市で南信州ステージが開かれるTOUR OF JAPAN(ツアー・オブ・ジャパン=TOJ)の17回大会の参加チームが確定した。海外7、国内9チームが参戦する。

 海外勢では昨大会に続き、UCIプロチームのランプレ・メリダ(イタリア)が出場。プロに次ぐUCIプロコンチネンタルチームからは、UCI世界ツアー経験者も多いドラパック・プロフェッショナルサイクリング(オーストラリア)が参加する。

 他、アヴァンティ・レーシングチーム(オーストラリア)、HKSI プロサイクリングチーム(香港)、ラファ・コンドール・JLT(イギリス)、タブリーズ・ペトロケミカル・チーム(イラン)が参戦。当初予定していたマレーシアのトレンガヌ・サイクリングチームは出場せず、シンガポールのOCBCコンチネンタルサイクリングチームが新たに参加することが決まった。

 国内チームは昨年と同じ顔ぶれで、愛三工業レーシングチーム、ブリヂストン・アンカー、サイクリングチーム、C・プロジェクト、マトリックス・パワータグ、シマノ・レーシング、チーム右京、宇都宮ブリッツェン、ヴィーニファンティーニ・NIPPO、日本ナショナルチームが参戦する。

 飯田市に本拠を置くボンシャンス関係では、アドバイザーの宮澤崇史がヴィーニファンティーニ・NIPPOから出場を予定している。

 17回目となる今ツアーは、18日―25日に開催。南信州のほか、大阪府堺市の堺、岐阜県美濃市の美濃、静岡県小山町の富士山、同伊豆市の伊豆、東京都の東京の計6ステージを転戦する。

 南信州ステージは、これまでと同じ同市下久堅を中心とする山岳ルート(1周12・2キロ)を12周する周回コース開催。標高差が最大で180メートルある過酷な山路を銀輪が疾走する。

 午前8時45分にJR飯田駅をスタート。パレードコースを走行した後、同9時ごろから天竜川の水神橋で競技をスタートする。

 松尾総合運動場前のフィニッシュは午後1時頃の予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞