TOJ出場の福島選手が市長を訪問

スポーツ

[ 2012年 5月 19日 土曜日 9時44分 ]

 第15回ツアーオブジャパン(20―27日)にマレーシアのトレンガヌ・サイクリングチームのエースとして出場するボンシャンス飯田代表の福島晋一選手(40)が17日、市長を表敬訪問した。前日に飯田へ帰り、この日は遠山方面へ上りを中心に5時間で120キロほど練習した後、市役所を訪れた。

 昨年は東日本大震災の影響で中止となり、2年ぶりの開催となる。23日の南信州ステージで飯田市民に勇姿を見せる福島選手は「2年前はゴール前にけん制して優勝を逃してしまったので、ことしはリベンジの思いがある。トレンガヌのチームには昨年から所属しているが、マレーシアの東海岸のトレンガヌ州の州政府がメインスポンサーのチーム。最近、開かれた大会でチームとして初優勝しており、うまく体調を維持できれば。南信州ステージは起伏が激しくきついコースだが、いいコースだと思う。本当に強い選手が勝つので、勝てれば価値がある」と闘志を見せた。

 公務出張中の市長に代わって応対した佐藤健副市長は「私は44歳だが、福島選手ももうじき41歳。飯田市民の福島選手に対する期待は大きい。ぜひ優勝して」と激励。飯田に住み始めて6年目を迎えた福島選手は「年齢も40歳を超えたが、楽しく走れている限り続けていきたい。飯田は応援してくれる人がたくさんいる。南信州ステージも定着してきているので期待に応えたい。小中学生にも楽しんでもらえるよう、いいところを見せて将来自転車選手になりたいと思う選手が1人でも現れるよう頑張りたい」と語った。

 福島選手は2004年のTOJで総合優勝を果たし、10年の前回大会では日本人選手最高の5位に入っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞