VC長野飯田スクールの開校式

スポーツ

[ 2014年 4月 21日 月曜日 9時18分 ]

 南箕輪村を拠点とするバレーボールのクラブチーム「VC長野トライデンツ」を運営するVC長野クリエイトスポーツは19日、小中学生や高校生を対象にした「VC長野飯田スクール」の開校式を飯田OIDE長姫高校体育館で開いた。小中学生の男女20人が参加、バレーボールの楽しさを知ってもらうことを目的にした活動をスタートさせた。

 同スクールは、競技人口の拡大につなげる狙いもある。ジュニアを対象にしたスクールは南箕輪にあるが、小中高を含めたスクールは初めて。

 開校式で、VC長野クリエイトスポーツ代表理事で、チーム監督も務める笹川星哉さん(28)は「バレーを楽しむ中で技術を習得してほしい」と呼び掛けた。参加した小中学生はトライデンツの選手と一緒に体を動かし、基本も教わった。

 同校男子バレーボール監督の大日方崇徳監督ら6人が指導に当たる。対象は小学生の男女、中学生と高校生は男子のみ。鼎体育館を会場に、月に2度開く。今後は諏訪や上伊那でも同様のスクールを開校する予定。

 VC長野は日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)の準加盟チームで、Vリーグ昇格を目指している。2008年、不況のあおりで廃部になった実業団「NEC長野」のメンバーを中心に結成。現在は20~30代の選手16人が所属し、Vリーグ3部の地域リーグ「東部リーグ」で戦っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞